おにそく! -ポケモン剣盾 鬼速攻略WEB-

ポケモンソードシールド(剣盾)の最速攻略ブログです。

【ポケモン剣盾】最強ペリッパーの育成論・厳選・対策方法【ペリノラゴン(雨パ)】

f:id:shinth1:20191203053043p:plain

ポケモンソードシールド(剣盾)における「最強ペリッパーの育成論・厳選・対策方法」についてをこちらで記事にしてまとめています。 こちらのblogではポケモン剣盾の攻略記事を多数書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ペリッパーのタイプ・種族値・弱点

進化:Lv25でキャモメから進化

タイプ:みず・ひこう

種族値:HP60 攻撃50 防御100 特攻95 特防70 すばやさ65 合計440

弱点(4倍):でんき

弱点(2倍):いわ

耐性(1/2):ほのお むし みず かくとう

耐性(1/4):-

無効:じめん

 

ペリッパーのオススメ性格

おくびょう(素早さ↑、攻撃↓)  

 

ペリッパーの努力値配分

素早さ252、HP252、特防4

基本的に、最速でウオノラゴンへ継続するためのセットアップしたい。

 

ペリッパーのオススメ特性

あめふらし:戦闘に出ると5ターンの間、天気が雨になる。 

ペリッパーの他・夢特性

するどいめ:命中率ランクが下がらない。相手の回避率ランクの変化影響を受けない

あめうけざら(夢):天気が雨の時に毎ターン、最大HPの1/16回復する

 

ペリッパーのオススメ持ち物

きあいのタスキ:HPが満タンで倒された時、HPが1残る

こだわりスカーフ:同じ技しか出せなくなるが、素早さが1.5倍

など

 

ペリッパーのオススメわざ

わざ名 覚える方法 効果
おいかぜ 基本わざ 4ターン自分と味方の素早さ2倍
とんぼがえり わざマシン むし物理、70-100-20、攻撃後控えポケモンと入れ替わる
ねっとう わざレコード (ドラゴン物理、威力120、命中100、PP10、2~3ターン連続で攻撃し、その後1~4ターンこんらん状態に)
エアスラッシュ 基本わざ

ひこう特攻、75-95-15、30%でひるませる

まもる 基本わざ

相手の攻撃を受けない、連続だと失敗しやすい(2回目50%、3回目25%)

はねやすめ 基本わざ

Lv48で覚える(最大HPの半分回復)

 

 

ペリッパーの戦略・育成論

特攻と防御は高いものの、ペリッパー単体では最大限に力を発揮できない。

単体で使うならば、みず特攻わざの「ねっとう」は雨効果で1.5倍になり強力なので、ぜひ覚えさせておきたい。タイプ一致の「エアスラッシュ」もオススメ。

持ち物については、ペリッパーでダイマックスを切るのは少々勿体ないため、きあいのタスキで確実に「おいかぜ」を使えるようにしておくのがオススメ。

雨パの起点としての起用

いわゆる「雨パ」に必要な特性「あめふらし」持ちのペリッパーを採用し、水タイプわざの効果を1.5倍に引き上げる。

さらに「おいかぜ」で味方の素早さを2倍とし、「とんぼがえり」で強力なみずタイプわざを持つポケモンへと引き継ぐのが強い。

"ペリノラゴン"は壊れ性能

中でもウオノラゴンの「エラがみ」は群を抜いて強く、現在の雨パでは主役級と言えるだろう。

ウオノラゴンのエラガミは威力85の水物理攻撃で、先制で2倍になり威力170、タイプ一致で1.5倍、特性がんじょうあごで1.5倍。

単体でもこれだけあがる上、さらに雨効果で1.5倍、こだわりハチマキ1.5倍でなんと、攻撃威力が860を超えます。

ペリッパー+ウオノラゴンのペリノラゴン型が爆発的に増えつつありますね。

 

▼ウオノラゴンの育成記事

  

ペリッパーの対策法

でんき特攻には滅法弱く(4倍弱点)、上を取れれば一撃で倒せる可能性はかなり高い。

素早さ65を上回れれば先制を取れるが、タスキを持っている可能性が高いため、その間においかぜを打たれ、次のターンにとんぼがえりでウオノラゴンへと交代されてしまうだろう。

おいかぜを使った後は、4ターンがたたないと再度おいかぜを打てないため、とんぼがえりをして入れ替えてこないのであれば、3か4ターン目に倒すなどしておいかぜの時間をずらして先制を封じ、ウオノドラゴンが先制できないようにしてしまうと良い。